クロサキさんのひつまぶし日記

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

iMovieとPowerDirectorはかなり個性的。

編集ツールとしては抜群の安定感とブランドがあるiMovieとPowerDirectorを使った身として書きたいと思います。なおこの文はあくまでスマートフォン版での感想です。

 

iMovie

言わずと知れたApple認定の編集ツールです。Apple製品ならばiMaciPhoneなど、Apple Watch以外ならばほとんどの機種で使えます。Android版、並びにWindowsにはありません。

 

使い勝手としてはかなりよく、CuteCutやVideoShowに比べればラクに使えます。ディゾルブなどのモードが選べるほか、切りたい箇所を選んでカットができます。

 

欠点はそのモードが少ないということです。せっかくの扱いやすさをだめにしてしまうところがあります。また字幕も入れられますが、文字数を増やせば増やすほど文字が小さくなり、「?」や「!」などの記号との組み合わせをした際には、文字と記号とのバランスがおかしくなります。実際僕は字幕を入れる際はVontを使っていました。広告が入る、文字数に限定が敷かれるなどあったため課金して対応していました。

 

【PowerDirector】

CyberLink社からリリースしている編集ツールです。シンプルイズベストなiMovieとは対照的に、各種エフェクトが豊富に用意されており、かなり魅力的なものになります。

 

利点はズバリ、エフェクトの多さ。iMovie側で言うディゾルブは「フェード」と表記され、その他のエフェクトがたくさんあるため、かなりカスタマイズ性に富んだものがあります。

 

もちろん欠点もあります。それは実はiMovie以上にあります。

・動画が完成するまでかなり時間がかかる

・フェードの際、iMovieのようなスムーズさがない

・課金しなければ広告が入り画面右下にPowerDirectorのロゴが入る(Androidのみ)

 

問題視する点はいくつもありますが、やはりフェードの動きがぎこちないのはナンセンスなものがあります。iMovieに比べれば劣る点です。

 

【総括】

スマートフォン版ではできることはたくさんあります。しかしどちらとも、極論を言ってしまえば「やはりPC版には敵わない」が挙げられます。これについては致し方ない点があります。iMacでは標準されているiMovieと、1万円少々で購入可能なPowerDirectorがありますので、それぞれの良さをフルに活かしたいのならば、やはりそれらがいいでしょう。