クロサキさんのひつまぶし日記

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

やっぱダメだよソシャゲは(続)

5/23にソシャゲについて色々とこのブログで書いたことがあります。その時は「リアルレーシング3が面白い」とある意味ステマ的なことを書いていました。今回は、前回とほぼ同じような感じで「やっぱソシャゲは向いてねーわ」って事を書きます。もはやこのブログでは、人様に見せるために創意工夫を凝らしているというより、単なるメモ帳の落書きの延長線上にあると思っています。

 

ソシャゲについて、嫌気がさしていたのは元からですが、CMではやたら「○○が貰える!」的なのを展開し、いろんな人がソシャゲをやり、YouTuberはこぞってソシャゲをやる、つまりはゲーム実況をしているため、今の流行に便乗する様な形で、何個かアプリをインストールしてみました。

 

モンストを始め城ドラやシャドバ、さらには友人からの誘いできららファンタジアもやってみました。ひとまず「慣れる」、「好きになる」という項目です。

 

しかし、いざやってみると、その単調さにすぐ飽きてしまいます。元々レースゲームが好きな人間としては、これほどまで退屈を呼び寄せるようなものはどうも向いていないです。無理してまで慣れれば、いずれ他のプレイヤーとも仲良くできそうな気がしたのですが、やはりソシャゲというのは本当にムカつきます。

 

結果、これらのアプリは最初の時点でアンインストールしてしまいました。根性なしなのは認めます。それについての言い訳はありません。ですが、やはり合わないと感じるものに「継続は力なり」と自分をごまかすのは、どうもしっくり来ません。

 

eスポーツが日本でそこまで浸透していない背景に、ソシャゲが邪魔をしていると思っています。ソシャゲをしながらふと思った事です。eスポーツで格闘とかレースとかしている方が、よっぽどエキサイティングしているからです。

 

僕の弟はソシャゲ大好きでモンストだのマーベルツムツムなどやっていますが、逆にレース系は「興味ない」と跳ね返します。僕はその逆で、レースゲームこそが至高であり、「あいつソシャゲやってねーのかよ」と身内や友人、まったく何処の馬の骨かも分からない奴に言われる筋合いは無いです。一応音ゲーもトライしましたが、どうもヘタで、せいぜいグルコスのアプリとたまにアーケードでやる程度です。

 

レースゲームのスマートフォン用アプリは限られます。ガチで楽しむことこそ意味があると思う僕は、生ぬるい3DCGクオリティのゲームには興味がありません。ソシャゲの場合は、あまりに単調、あまりに課金を迫る、煽ってくるスタイルが気に入らないのです。たとえ製品版として出ていても、やる気はまったく起きません。

 

ソシャゲの魅力に飛び込もうとしたのですが、自分が想像していたより、すぐにその場を離れました。レースゲームが一番ですね。

 

相変わらず語彙力の足りなさを指摘されそうですが、これが意見です。