クロサキさんのひつまぶし日記

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

ブログを2ヶ月ぶりにネーム変更。そして伝えたいこと。

大したこともしていないこのブログですが、9月の変更から2ヶ月後に、また新しく変えました。とはいえ、変わったのはそれだけであり、投稿内容としてはフリーで、気が向いた時に書くって感じでやります。

 

さて今回はジャクリーンさんについて色々書きます。

 

ジャクリーンさんとは1999年、飲酒運転をした男の乗る車と事故に遭い、ジャクリーンさんと友人を乗せた車が炎上、友人は亡くなり、ジャクリーンさんは大やけどを負いました。

 

一命をとりとめたジャクリーンさんですが、本来の顔は完全に失い、同年「事故に遭う前の私」として写真で顔を隠し、その後「これが事故に遭った後の私」として、事故後の無残で怒りも覚える姿を晒し、「飲酒運転はやめろ」というメッセージを込めたテレビCMをアメリカ全土に放送し話題を集めました。

 

この記事を書いた僕は昔、ジャクリーンさんのCMを観て、その恐怖と現実を知りました。その場に居た訳ではありませんが、自らの過ちでジャクリーンさんと友人に酷いことをした男が憎く思いました。

 

しかし何故今になってジャクリーンさんのことを思ったのか。

 

それはジャクリーンさんが来年の2018年で40歳になること、事故から後2年で20年経つということです。

 

彼女はアメリカ国内でさまざまなテレビに出演したり講演会を開いては事故の状況や、飲酒運転をする人を強く批判しそして飲酒運転をやめるよう訴えています。

 

ジャクリーンさんことジャクリーン・サブリード(サブリド)さんに同情したところで何も結果は得られませんが、確かに飲酒運転する輩は憎いですし、願わくば死刑に処するべきだと思いました。