黒トモさんのてきとうブログ。

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

ついに決別!マクラーレン、ルノーを選ぶ。ホンダはトロロッソへ。

マクラーレンは2018シーズンからルノーエンジンを獲得し「マクラーレンルノー」として参戦することが決まりました。かつてはライバルであり同じフランスの自動車メーカープジョーがエンジンサプライヤーとして活躍していましたが、今度はルノーになります。

 

アロンソは遅いマクラーレンに苦しめられてきました。2015年の日本グランプリでは「GP2エンジンだ!」と怒りを露わにし、2016シーズンも2017シーズンも成績は振るわず仕舞いでした。たまにPUとの相性が良く入賞することもありましたが、やはり伝統のあるマクラーレンは「優勝が絶対」であり、パワーが下位チームよりも低いホンダエンジンとの縁を切るのは最も重要かつ当然の選択だと僕は思いました。

 

ではホンダはどのチームに行くのか?、ということですが、なんと来シーズンからトロロッソへ供給します。

 

かねてより噂され、そしてプロジェクトが一時白紙になったのですが、やはりホンダは中堅チームに行くことになりました。マクラーレンへの賭けはあまりにリスクが高く、その上チャンスにも恵まれなかったということでしょう。

 

2018シーズンでは全チームHALO(ハロ、またはハロー)という頭部保護のバーが追加されます。そしてマクラーレンルノーに、トロロッソはホンダに移ることに決定となり開幕戦から最終戦まで戦うことになります。これからどのような展開になるのか、まだ日本グランプリが始まっていませんが非常に楽しみです。