黒トモさんのてきとうブログ。

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

未だにYouTuberが慣れない。

まず最初に断っておきますが嫉妬ではありません。お金を稼ぐ人はそれぞれの仕事があってできているわけですから、「YouTuberだけラクな金稼ぎしやがって!」とは思いませんのでご了承ください。

 

現在YouTuberは盛り上がっています。小学生の「なりたい職業」ランキングではYouTuberがトップ10入りを果たし、各雑誌やテレビでも取り上げられています。

 

僕としてはこのYouTuberというのが未だに慣れません。というかワンパターンな展開に飽きます。

 

昔のYouTubeを振り返ってみると、まだYouTuberが存在しておらず、「暇つぶしに動画投稿してみた」というようなシンプルなものでした。例えば今なら「自転車でドリフトしたらいったい何mまで行けるのか!?」といったようなタイトルを付け、YouTuberが全くもって初めての自転車ドリフトを敢行するという感じです。しかし昔はそんなものではなく、「自転車でドリフトしてみた。」と簡素なタイトルを付け、少しだけ動画を編集して投稿するだけでした。ですから今と昔では再生回数に差がありますが、少なかれ昔はそんなざっくばらんとした感じでした。それが面白かったです。

 

YouTubeとは本来趣味の一環として投稿するスタイルでしたが、最近は広告収入というのが追加され、こぞってお金を稼ぐためにやるようになりました。僕があまりYouTuberを好かない理由に「タイアップ」があります。

 

タイアップ商品をYouTuberが紹介するという流れですが、そのやり方が商品を無理矢理にでもべた褒めするというものです。本当はいらないはずなのに、「仕方なく」「金になるなら」という理由でやっている方が多いです。この文章からして「こいつ嫉妬してんじゃねーの?」とお思いでしょうが真相は違います。建前だけ並べただけで、実際に買って試してみるというのではないのです。この点はやはり昔の方に軍配が上がります。つまり「面白かった」に入ります。

 

コラボして動画投稿、商品とタイアップして動画投稿、様々なテロップを付けて動画投稿…。今のYouTubeがつまらないと思う要因の一つです。

 

ここまで散々今時のYouTuberを書きましたが、実は嫌っているのは日本のYouTuberだけで、海外のYouTuberは好きです。

 

矛盾でしょうが海外の方々が投稿するものには一切のムダがないのです。それはYouTubeというコンテンツができて間もない頃のようなコンパクトさなのです。

 

「今回はトヨタのGT86について紹介するよ!」と言ってトヨタ86(欧州ではGT86)の各カット割りが入り、YouTuberが86の車内全体をセルフィー越しに紹介し、「GT86は決して速くはないけど、運転がしやすくてワインディングを走るにはうってつけだね」と言ったりする。その動画には余計なテロップがなく観やすいのです。

 

海外のYouTuberがいかに上手にできているか、それを十分に伝わってきます。

 

YouTuberは本当にいいとは思えません。また雑ですいません。ここでぶろぐをやめます。