クロサキさんのひつまぶし日記

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

10年前のフジテレビを思い出に

10年前のフジテレビは、今とは全然違って面白い番組が多かったと思います。特に水曜日というのは以下の通りに観ていました。

 

ヘキサゴンⅡ→はねトびトリビア→ワンナイ→ココミラ

 

水曜夜7時にヘキサゴンが始まり、そこからほぼノンストップで10時54分まで観ていました。あの当時はまだ韓国を推したりしなかった訳ですし、各番組の出演陣の方々にそれぞれの個性があり、また番組そのものが楽しかった記憶があります。

 

最近ではスマートフォンというコンテンツが主流になり、テレビで何かを観るという機会が減ったというのは事実ですが、当時のフジテレビは本当に神だったと思います。

 

水曜枠の他にも今は懐かしい「月9」や「スマスマ」もよく観ていました。月9とスマスマの間に放送している「くいしん坊!万才」ですら余す事なく観ていました。そのほかにもミニニュース番組であった「レインボー発」も観ていました。日曜深夜には必ずF1中継もやっていたので、それも楽しかったです。

 

今思い返せば、全部が懐かしく、そして未だにそれらの番組を越えるものがありません。これは正直悲しいです。現在も放送されているめちゃイケですら、「ああ昔の方が面白かったよな」と思い返すほどです。

 

観る側は製作者の方々の意図や苦労は知ることはありません。その道のプロでない限り分かるはずがないのです。しかし、「昨日の番組○○(俳優さん)が出てたよな!」とか「今日の夜のトリビアめっちゃ楽しみだわ〜」などの高揚感は、残念ながら今にはありません。せいぜい言ったり書くとするならば、「昔の方が良かったよな」「なんでバイキングなんかやってんだ。いいとも続けりゃいいのに」「みなさんのおかげでしたはもうアレか?食わず嫌いやらないのか?」「おいおい古舘伊知郎報ステ辞めたんだからさ、今こそフジはF1中継を復活するべきだろ!」など、肯定的な捉え方はできなくなりました。ちびまる子ちゃんサザエさんですら最近はあまり観ません。それだけ、勢力が落ちてしまったのだろうと思っています。

 

かつては視聴率が高く見応えのあるドラマやバラエティなどを展開していたフジですが、もう落ちぶれています。本当に残念です。その一方でBSやCSのフジテレビの方では、通販番組は多いものの、まったりと観れるものが多いので、もう地上波に希望を持ってはいけないのかもしれません。