PostedBy"KuroD"

Twitterのような感じで、適当に呟くブログとなります。

カーズ クロスロードを観てきた。(ネタバレは最小限にします)

7月16日、僕はMOVIXでカーズクロスロード(以下、3)を観てきました。ちなみに僕個人のことで恐縮ですが、現在はカラオケ店でアルバイトをしています。

 

さて、アルバイトしている事情はさて置き、日曜日に観てきたので、かなり人が多かったです。いろんなお客さんが、いろんな映画を選んで観ていました。

 

3は良く「泣ける」と言われていますが、僕は正直泣かなかったです。しかし、グッと来るシーンは沢山あったので、その点は今までの1や2では感じなかった、中々シリアスなシーンが多かったと思います。

 

吹き替え版で観て思いましたが、ストーム役の藤森慎吾さん、クルーズ役の松岡茉優さんの吹き替えには全く違和感を感じませんでした。結局はそれは「個人差」なのですが、声優が本業じゃない人にしては、誰がどう聞いても「棒読みすぎる」と突っ込む所はなかったです。トイストーリーにて唐沢寿明さん、所ジョージさんの吹き替えに不自然さがなかったように、この映画でも全く問題なく観れました。

 

予告ではメーターが「限界って誰が決めるんだ?」と言っていたセリフがありましたが、本編にはそれがありませんでした。この点はよく注意して観ても、それらしいセリフがなかったのは残念でした。結構核心をつく言葉なだけに、カットされてしまったのは悔やまれます。

 

3では泥の再現がリアルであると各雑誌は取り上げていましたが、それは確かにそうでした。物語の中盤頃にそのシーンは観れます。「すげえよピクサー」って絶対思います。今までになかった新しい試みで、CGとは思えないほどの精巧さがあります。

 

少しだけネタバレになりますが、クルーズはハドソンのカーナンバー「51」を付けてレースカーとして活躍します。このシーンは、なんだか映画「ラッシュ プライドと友情」のような胸熱なシーンになっています。残念なのはストームです。ストームがラスティーズのロゴを付けて走るのか、あるいはクルーズに負けて自暴自棄になってレースを辞めるのか?、その後の展開が謎のまま終わったしまいました。少しだけでもストームがどうなったのかを観たかったです。

 

今回は少しのネタバレをしながらも、3について書きました。感想としては随分と支離滅裂な事も書いたかと思いますが、好きなカーズシリーズを観れて満足しています。去年の夏にシン・ゴジラを映画館で観た時にも思いましたが、やはり映画館は迫力があっていいと思います。お金を払ってこうやって堪能できたのは良いことだと思っています。

 

日曜だったので子供たちが沢山いて、上映中は静かにできずしゃべっていたという事実があるので100%集中できませんでしたが、これは大人が観るべき名作になるでしょう。