黒トモさんのてきとうブログ。

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

GT SPORTのダメなところ

以下の通りです。

 

・発売延期
・結局変わらなかった「掃除機」サウンド
・破損表現がトミカの塗装ハゲみたい
・クルマの台数が少なすぎる
・トラック(サーキット)が少なすぎる
・木のモデリングがまさかの2D(絵)
・ギアノイズでエンジンごまかす
・そのギアノイズがうるさい
・架空のコースばっかり
・架空のクルマばっかり
・元のクルマの馬力より下げる謎設定
・4Kは結局PS4プロと4K対応テレビじゃないとできない
ロジクール製ハンコンが使えない
・写真を撮るモードのロケーションが多すぎる
・天候変化、時間変化が消えた

 

 

ポリフォニーデジタルは皆必死になって作ったのは建前としては分かりますし伝わりますが、しかし色々と制約が多いなあと思いました。

 

GT SPORTでは、結局前作の6で途中でやめた「ビジョングランツーリスモ」がまた新たに追加されます。"SPORT"として名乗っている以上は、レースカー仕様に変更されているそうですが、話題のクルマそっちのけで「ホットウィールかよ」とツッコミを入れたくなるようなものばかり出すのは意味がわかりません。

 

GTシリーズにおける1作品につき1台の収録時間は、かなりかかると言われています。かなりこだわりがあるのでしょう。しかし今は2017年です。そして新作は10月19日になるので、例えばLC500がラインナップされても不自然ではありません。しかしGT公式のYouTubeチャンネルに投稿されているトレーラー映像を観てみると、2017年登場のクルマは少なく、むしろ1年から2年ほど前のモデルばかりが登場しています。この差は、実はかなり酷い結果を生みます。

 

5がリリースされた時、2010年なのに2006年から2008年頃のスーパーGT車両を登場させていたことがありました。つまり、収録車種が少しだけ古いのです。それがSPORTにもその悪い結果が出ているとなると、もはや買う理由がありません。

 

これからどうなるかはわからないですが、印象は最悪です。