読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PostedBy"KuroD"

Twitterのような感じで、適当に呟くブログとなります。

きっと複雑だろうけど、でも復活して欲しいこと。

それはなんといっても、タバコ広告の復活です。

 

かつてさまざまなモータースポーツでは、色とりどりのタバコ広告がありました。そしてそれらは宣伝になりますし、何より見た目がかっこいいのです。

 

ところが嫌煙が世界中に広がり、タバコについて害があるという旨の啓蒙広告もやるようになりました。するとたちまち各国さまざまなレースシーンにおいて、タバコ広告が消えてしまったのです。消えたのは2007年あたり、10年前の話です。

 

確かにタバコは体にとって毒そのものであり、場合によっては違法薬物として指定されてもいいくらいでしょう。しかし、酒類やパチンコ店のスポンサーは合法なわりに、タバコだけ厳しくするというのは、あまりにもおかしいです。まあ素人の僕が言うのもなんですが、いまだに納得していません。

 

F1では、ここ数年ハイネケンやマルティニをスポンサーにしています。「飲んだら乗るな」はちゃんと踏まえてやっているそうですが、大人の嗜好品でもある酒はOKで、同じく嗜好品のタバコはNGというのは何とも変です。タバコが吸いたくなければ吸わなければいいだけの話です。吸う人は吸うのですから、それでいいはずなんです。

 

かつてのモータースポーツは華やいでいました。走る広告の象徴でした。往年のアイルトンセナが駆るマクラーレンホンダマルボロカラーに釘付けになったり、シルクカットカラーに染まったジャガーXJR9、今は無きマイルドセブンのロゴを付けたベネトンフォードなど、数え切れないほどの名車がみんなタバコ広告に彩られていました。それが今では、タバコ以外の別のロゴを走るばかり。あまり見た目的には興奮しません。

 

これから先もずっとタバコロゴの無い車がレースをすることでしょう。しかし僕は昔にモドレるのならば、1990年代がいいと思います。

 

今回は懐古的なテーマのもとで書きました。