PostedBy"KuroD"

Twitterのような感じで、適当に呟くブログとなります。

GT SPORTのダメなところ

以下の通りです。

 

・発売延期
・結局変わらなかった「掃除機」サウンド
・破損表現がトミカの塗装ハゲみたい
・クルマの台数が少なすぎる
・トラック(サーキット)が少なすぎる
・木のモデリングがまさかの2D(絵)
・ギアノイズでエンジンごまかす
・そのギアノイズがうるさい
・架空のコースばっかり
・架空のクルマばっかり
・元のクルマの馬力より下げる謎設定
・4Kは結局PS4プロと4K対応テレビじゃないとできない
ロジクール製ハンコンが使えない
・写真を撮るモードのロケーションが多すぎる
・天候変化、時間変化が消えた

 

 

ポリフォニーデジタルは皆必死になって作ったのは建前としては分かりますし伝わりますが、しかし色々と制約が多いなあと思いました。

 

GT SPORTでは、結局前作の6で途中でやめた「ビジョングランツーリスモ」がまた新たに追加されます。"SPORT"として名乗っている以上は、レースカー仕様に変更されているそうですが、話題のクルマそっちのけで「ホットウィールかよ」とツッコミを入れたくなるようなものばかり出すのは意味がわかりません。

 

GTシリーズにおける1作品につき1台の収録時間は、かなりかかると言われています。かなりこだわりがあるのでしょう。しかし今は2017年です。そして新作は10月19日になるので、例えばLC500がラインナップされても不自然ではありません。しかしGT公式のYouTubeチャンネルに投稿されているトレーラー映像を観てみると、2017年登場のクルマは少なく、むしろ1年から2年ほど前のモデルばかりが登場しています。この差は、実はかなり酷い結果を生みます。

 

5がリリースされた時、2010年なのに2006年から2008年頃のスーパーGT車両を登場させていたことがありました。つまり、収録車種が少しだけ古いのです。それがSPORTにもその悪い結果が出ているとなると、もはや買う理由がありません。

 

これからどうなるかはわからないですが、印象は最悪です。

めちゃくちゃ気になるあの映画

来たる7/15公開のカーズ クロスロード。僕としては非常に嬉しい限りです。「クロスロード」は邦題ですが、正確には「カーズ 3」になります。以下「3」として色々と書きたいと思います、と言ってもまだ観ていないので悪しからず。

 

吹き替えには勿論、声優の土田大(ひろし)さんにお笑い芸人の「ぐっさん」こと山口智充さん、女優の戸田恵子さんらが続投しています。そして驚異の新人…いや新車のストームにお笑い芸人の藤森慎吾さん、マックイーンを支えるクルーズに女優の松岡茉優さんが吹き替えをしています。

 

日本語吹き替え版のみ、奥田民生さんのエンディングテーマ「エンジン」が流れます。奥田さんの渋い声に心が響きグッときます。「風は西から」でもいいと思いましたが、この「エンジン」も、個人的には捨てがたいです。

 

今回の3ではかなり濃い作品だと思います。「濃い」というのはコメディーやアクション要素よりも「人間味あるストーリー」といったところです。車を擬人化した作品でありながら、今までの1や2ではなかった「重み」を感じます。新人の強さ、失いかけた栄光。そして人生の選択を迎えるマックイーンの姿が浮かびます。1でも考えさせられるようなシーンはいくつかありましたが、3はそれをより実感できるでしょう。

 

若い頃から速い人は自信につながり、そこに「過剰」がつき始める。「速いのが当然」「勝って当然」、「チャンピオンは俺のもの」「仲間など必要ない」という気持ちが生まれます。しかしその一方で仲間からの信頼は失いかけ、そこからどう修復していくかが大きな鍵となります。3の予告編だけを観ていても、「次世代」に対しての脅威と抗えない「老い」というものがあります。それはF1の世界でもそうでしたが、10年ごとに変わってくるものなんだと思います。F1ならばセナからシューマッハ、今度はシューマッハからアロンソ。さらに次はベッテルがやってきて、そのベッテルに対してボッタスやマックス(フェルスタッペン)がやってくる…と、次から次へとどんどん変わっていきます。カーズの物語としてはNASCARが元になりますが、モータースポーツの「変化」にどう応えていくかが決め手になりそうです。いち娯楽映画であっても、これは単に「娯楽だから」では済まされないでしょう。ドキュメントに近いものがあります。

 

いよいよ始まるカーズ3。野村周平さんによる素人の撮った動画みたいなくだらないものはさておき、意外と雑さのない藤森さん、松岡さん両名の吹き替えと、ストームに立ち向かうマックイーンの勇姿をぜひこの目で観たいと思います。観るのであればTOHOかMOVIXのどちらかを考えています。まあその点はどうでもいいことですが、是非観たいです。

 

 

 

新しいチャンネルを作った。

YouTubeでの動画投稿を始めようと思いながらも、結局できず仕舞いに終わっていましたが、今日から本格的に始めようと決意しました。

 

名前は「sukairainn514 α」で読み方は「スカイライン514 アルファ」です。

 

もともとは別の方がその名前で活躍していたのですが、2017年7月にアカウントを完全に削除しました。

 

sukairainn514さん(以下スカイラインさん)はトミカなどのミニカーの紹介のほか、自身の過去の出来事を話す動画や商品レビューなどをやっていた方です。彼は登録してくれる人たちに対し「弟子」の制度を設け、自らを「師匠」と名乗っていました。僕自身も昔は「弟子にしてください」とパーソナルメッセージに書き込みをして、了承を得た過去があります。とはいえ、あくまでもこの制度は、道場みたいなものなどは一切なく、その場の雰囲気でやっていたというものでした。師匠の言うことは絶対であるとか、特訓をしたりということもありませんでした。

 

2015年ごろから、スカイラインさんは低評価がたくさんついていました。2013年ごろまでは高評価が多く、再生回数も1万回から最高で10万回を超えることが多かったのですが、2年後には10回程度に落ちてしまいました。様々な諸説がありますが、僕としては、スカイラインさんがいろんな人に慕われていることを実感して、「俺は偉いんだ」と勘違いして、いろんな人に威張り始めたことがその原因だと思います。優しい大人の男性だと当時の小中学生の子供達はそう思っていたのに、実はかなりのワガママな性格であったことに落胆したのでしょう。そして師弟制度は廃止となり、2016年3月、「私はすべてのミニカーを投稿した」と語りYouTubeから去りました。

 

ところが2017年6月下旬、突然新しい動画を投稿し始めました。そして、すぐに消して、遂にはアカウントを完全に削除となったのです。

 

僕としてはスカイラインさんの動画は、天狗になっていろんな人から非難される前は本当にいい動画を作っていたと思います。ヒカキンさんなどのYouTuberのような編集技術はありませんでしたが、ミニカー動画としてはかなり良かったです。実際2013年当時、彼を真似して動画投稿を始めた人だって何人かいました。そして現在も投稿を続けています。

 

sukairainn514 αでは、初代suakirainn514の後を非公式に後を継ぎ、皆さんに楽しんでもらうためにできたチャンネルです。もし本人が何らかの形で復活をしたら、そして何か言ったら、その時はちゃんと事情を説明して、そのチャンネルを削除します。

 

新しいスカイライン514として、これから頑張ります。

 

 

変わってると言われても。

人は皆僕に対して『変わってる』と言われます。他の人には出来て当然の仕事が出来なかったり、会話の意図が理解出来ていなかったり、笑いのツボが異なったり、集めているものがおかしかったり、とにかく色々とあります。

 

僕自身は正直「普通」にしているだけです。例えばある人物が「キミは理屈っぽいよね」と言われても、僕からすれば「?」です。何を言っているんだろう…。そんなことが頭に浮かびます。本質が分からないのです。彼らは何の迷いもなく、普通に言葉のキャッチボールを繰り返していますが、僕が投げるボールは、どうやら彼らには魔球だと思われているようです。気がついたらデッドボールになっているような、内心的なダメージを受けているんだそうです。

 

僕は、たとえ『変わってる』と言われても、「知ったことか、馬鹿野郎」と思います。もちろんそのような言葉は、場面に応じて言えないときだってあります。ですが、少しくらいは自分を愛したいので、自己嫌悪になったりうつ病にならないように、自分のポリシー、アイデンティティを理解しようと心がけています。彼らの発言は、酷いとか冷たいというより、「影響力のない雑音」なのです。ただ僕の悪い癖として、必要である、必要でないに関係なく、興味本位で好評や不評の意見を聞いてしまいます。だから、本当はそんなこと、スルーすればいい話なのですが、どうしても「理解してくれ!」と考えてしまいます。自分の器がいかに小さいか、よく分かります。

 

まあこれからの人生ですから、自分の命を絶つようなことはしないように生きます。結局他人なんて皆ペテン師なのですから。

 

僕は、たとえ『変わってる』といろんなところから言われても、構わないと思います。自分の道くらい、開いたっていいだろ?、なんて考えています。

イヤホンジャックなくたって困らない。

ものすごく個人的な感想ではありますが、iPhone7(以下7)のイヤホンジャックについて色々と書きます。

 

7はデビューする前から「イヤホンジャックが廃止になる」と噂され、そしてその通りになりました。Apple側としては「大きなイノベーション」として考えているそうですが、かつてのガラケー全盛期を知っている僕からすれば、「iPhoneとしては初の試みでも、なんだか原点回帰のような気がする」と思いました。

 

イヤホンジャックの廃止については、正直困ることはないです。確かに充電しながら音楽を聴くという行為はできなくなりましたが、そうであっても問題はありません。むしろ従来のタイプから7にすると、スピーカー周りの統一感がないと思ってしまうほどです。ただ、さすがに信者になるほどの崇拝などはありません。Android端末のスマホであっても、例えばXperiaやギャラクシーはいいスマホだと思っています。そんな中で、なぜかスッキリしたかのような気がするだけなのです。

 

7は個性が強いスマホだと思います。各メーカーそれぞれ個性はあると思いますが、これほどまで非難されながらも尚、売れているというスマホiPhone以外ないでしょう。「あいつ変なiPhone持ってるぜw」みたいに笑われても大丈夫です。iPhoneが好きな人に言わせてみれば「大きなイノベーション」、僕からすれば「個性の塊」だと思います。だから、あえてイヤホンジャックを7からはなくしたんだと思います。それは意図的に。

 

久々の投稿とiPhone7

しばらくのブランクを経て、またこの無駄な投稿を始めさせていただきます。

 

今回はiPhone7について色々書きたいと思います。と言っても、他の方々が書いているようなスペック面諸々の事ではないので悪しからず。

 

5S以来のソフトバンク契約になりました。楽天モバイルのままでいいと思っていたものの、どうも回線が安定しない為、結局大手キャリアに流れてしまいました。

 

ある休日の午後、カメラのキタムラにて「iPhone7が安く手に入れる!」という謳い文句をやっていました。実は当初はdocomo契約にしようと考えていましたが、ソフトバンク側が月々の料金が(多少なりとも)安くなるという事をソフトバンクのロゴTシャツを着ていた店員が言っていたので、まんまとその戦略にハマってしまいました。とはいえ、7についてはSIMフリー版を買うほどのお金がなかったので、5Sと同じように24回払いにしようと思い、ソフトバンクを選びました。

 

契約後つや消しブラックを手にしたわけですが、やはり7の使いやすさに感動しました。感覚的にはかつて所有していた6Sのローズゴールドより全然良かったです。特に6あたりで不評だったDラインがなくなったのは嬉しいです。懸念があったイヤホンジャックの廃止についても、そこまで気にする事ではないと思いました。

 

7は、随分と日本人向けに作られているかのような、ガラケー全盛期を彷彿とさせるものがあります。充電をするコネクタに変換プラグを付けて音楽を聴く事や、水やホコリに強い事、そしてSuicaなどの電子マネーが使える事も、全てが懐かしい感じがします。ある意味温故知新が似合うiPhoneです。

2章 本気で転職を考える

介護職に就いてから早くも1週間が経った。期待と不安で入り混じる中、自分を変えたい一心でこの場所を選んだ。だが、この仕事に対しての意欲というのは完全に薄れた。

 

長すぎる勤務時間、罵詈雑言しか言わない職員、常に目まぐるしく変化していく仕事内容など、全てが驚き、全てがやる意味がなくなった。

 

自分自身、性格上長続きしないタイプで、何かと理由をつけて辞めてしまうことが多い。だから屁理屈であることは自分がよく分かっているし、理屈っぽい所も理解している。しかし、人間として「得意」「不得意」は必ずある。僕としてはこの場所は「不得意」と判断した。まあ、まだ何年も継続していない時点で決めつけるのはおかしい話だが、影で「ゆとり世代はこれだから困るよな」って言われても、別に構わないと思っている。適職とは感じない以上は、どんなにやっても上手くいかないものだと思うからだ。

 

無理はするつもりはない。今の現状は転職をすること。そして2度と、介護の道に進もうとしない事を決めた。いつだって僕の人生は「ここだ!」と思ったほど失敗してばかりだが、どうせ失敗だらけの人生ならば、これを機にもう一度だけリベンジする気は無い。

 

 

はい、不定期更新のだーれも見てない(多分)ブログをまた書きました。いやあホントにこの場所は嫌ですね、つくづく「俺はバカなんだな」って思います。では次にお会いしましょう。