黒トモさんのてきとうブログ。

Twitterでは書き切れない事をジャンル問わず書いていくスタイルです。

こんなグランツーリスモは許しておけぬ。

アマゾンでは酷評が絶えず、海外からは「R.I.P. GT」(安らかに眠れよGT)と言われる結果になったGT SPORT(以下GTS)は、確かに歴代の中では、5プロローグよりもひどい結果になりました。

 

GTSPS4初のソフトであり、FIAとのパートナーシップを築いた作品です。これはどのレースゲームにもなかった「お墨付き」の作品ということになります。しかしそのお墨付きのはずであるGTSは、想像以上にクソゲーであることが判明されました。

 

まずビジョングランツーリスモですが、これはどの層が喜ぶのでしょう。

 

ビジョングランツーリスモ、略してVGTは、自動車メーカーとグランツーリスモのコラボによって実現したコンセプトカーで、古くはナイキとコラボしたOne 2022、シトロエンのGT by シトロエンから続いているものです。この企画は正直誰も得していません。それもそのはず、架空の車なのですから。ありもしない車が、いくらコラボしたとはいえ、現実で走っていない。あくまでも「コンセプトカー」という括りの中でしかなく、そこから市販モデルが出たということは一回もなかったです。

 

酷いと思ったのは他にもたくさんあります。

 

架空のサーキットが大半を占めるということ。

いろんな架空のカテゴリーを設定していること。

(個人的に残念だった)86/BRZの後期仕様がないこと。

スーパーGTならびにDTM車両が1台もないこと。

富士やもてぎなどをカットする割に、ニュルや鈴鹿などはなぜか残したこと。

破損表現がトミカの塗装ハゲのようにとどまったこと。

オンライン専用でオフラインによるセーブが不可になったこと。

PS4用のパッドの割り当て調整ができなくなったこと。

ピットの際、またしてもジャッキ担当がいないこと。

タイヤ痕が付かなくなったこと。

150台中130台近くが架空車であること。

 

 

 …と、数え出したらキリがないほど、マイナスなポイントがいくつもあります。

 

援護する人はよく言うのです。

 

・頑張って作ったんだよ

・ナンバリングじゃないから

・きっとアプデで良くなる

・1台につき半年はかかるから妥協しよう

 

しかし考えてみてください。ナンバリングじゃなくても、意味のわからないもの、余計なものを増やして、肝心なところがごっそり取られているのです。つまりそれが「未完成」につながり、定価で7,452円もかかるのです。GT6ですらアプデは2015年の夏以降途絶えてしまい、6の発売前にメディア向けに言った「毎月のアップデートを予定しています」を平気で嘘をつくような会社なのです。いや正確には、山内一典をよいしょしなきゃこの先食っていけねえという現実がそこにはあるのです。とりあえずメディアが来れば洒落っ気を出して「こんなふうにして僕らはグランツーリスモを作っています」といいことを言っているつもりで語っているのです。だから世界から笑われるのです。失笑とはまさにこのことでしょう。ちなみに失笑は「シラーっとする」「スベる」という意味ではなく、堪えきれず笑ってしまうということです。この場合はそれに当てはまります。

 

「大変な思いで作ってる」というのは正直ほかの会社も同じです。ではなぜターン10は毎年フォルツァシリーズを出しているのでしょう。なぜコードマスターズは毎年、F1シリーズを出しているのでしょう。比較するな?ですか?いえいえ、よく理解すれば誰でもわかることです。

 

論点をずらしまくり、求めるものをことごとく排除。ゲーム性の楽しさまるで無視。しかしリアルを追求する割にはエンジンの音がしょぼく、破損表現も2世代以上前。これならポリフォニーデジタルがグランツーリスモシリーズを辞めて、コードマスターズあたりに任せた方が安泰でしょう。

 

グランツーリスモSPORTは発売中ですが、定価よりもリサイクルショップで大量に売られ在庫処分され激安になってから買うのが最も堅実な買い方でしょう。そう思います。

MFゴーストという新たな可能性があるマンガ

久々のブログです。

 

最近巷話題のマンガ、しげの秀一先生作のMFゴースト(以下MF)は、安心感ある絵のタッチと独特の効果音である「ゴギャアアアア」などがあり、久々に「おおこれは面白い」と思わせる内容です。

 

バリバリ伝説がプロの世界へと駆け出し、頭文字Dが峠を極め、そしてMFは数多のスーパーカーが完全クローズドされた峠を走るという物語になっています。なにかと峠が絡むと、そこから生まれるドラマが始まったり、ドキドキみたいなものが感じられます。

 

MF内で登場するカナタ・リヴィントン(または片桐夏向(かなた))は結構イケメンです。19歳の若さも相まって、スッキリとした印象があります。そしてイギリスのレーシングスクール卒業という経歴を持っていますから、その点は拓海とは全く異なる天才肌と言えるでしょう。

 

この作品では86が出ています。しかも2017年現在、トヨタの各店舗で販売している後期型ではなく、前期型というチョイスです。タイプはおそらくGTです。中級グレードのGまたは、かつてあった廉価版のRCになると、ウィンカー下のフォグランプが付いていないため、上級グレードに該当するかと思います。そういえば頭文字Dでも、トレノはGT-APEXで、GTVではありませんでした。そう考えるとトレノがそれでしたから、MFで86を出すならGTになるのが自然だったかと思われます。

 

頭文字Dではいつだって日産やホンダ、三菱乗りの走り屋は頭がおかしく、「作者は嫌ってるんだろうな」と察していましたが、MFでは輸入車が多く、日産についても酷い扱いはしていません。

 

高嶺の花などの作品も出していましたが、やはりしげの先生には「クルマ」が大いに関係する作品の方がしっくりきます。そしてMFが人気を増していけば、いずれはアニメ化されることもあるでしょう。もしアニメ化が決定されたら、個人的にカナタ役は島崎信長さんか畠中祐(たすく)さんにやってもらいたいですね。

 

MFゴースト。タイトルを最初聞いた時は「うーん…微妙かな?」と思いましたが、今は不自然さがありません。徐々に人気になっていけばいいと切に願っています。

地味〜にブログを更新しました。

以前まではPostedBy”KuroD”として色々と書いてきましたが、ブログを設立してから10月で半年経つということで、リフレッシュという意味で新しくブログのタイトル名、画像を変えました。

 

タイトル名は「黒トモさんのてきとうブログ。」です。ゆるい感じで書いたりするので英文で変にカッコつけず、ラフなスタイルにしたいと思いそう名付けました。ちなみにフルネームは流石に言えませんが、「黒トモ」は本名の一部を使っています。

 

画像はリアルレーシング3のリプレイ動画からスクショしたものと、ホンダのフェアにて自由に撮影していいと言われた新型シビックハッチバックとなります。この点は車好きの僕ですのであまり基本的なものは変わっていないかと思います。

 

ブログの名前や画像を変えたからといって、ブログを書く事自体は変わりません。以前同様に、「どうせ誰も見てねぇだろw」なんて思いながらブログを書いていきます。

個人的に8よりX狙いかな。

昨日から発売となったiPhone8(以下8)。これまでのSシリーズを廃止し2つのiPhoneが登場ということになります。

 

8では4S以来6年ぶりの背面ガラスを採用し、7で不評だった日本版のみ刻まれた「総務省認定」もありません。そしてシリーズ初のワイヤレス充電対応になり、Lightningケーブルの断線によるトラブルも少なくなるようです。

 

と、ここまでは8についてざっと、簡単に説明したわけですが、正直言って今回の8は、昔でいう5Cのような感じでピンとこないのです。

 

流石に5Cと8ではデザイン面もパフォーマンスもまるで違いますが、年内中に2つの新作が登場し、そしてiPhoneX(テン)はFace IDやホームボタンの廃止などさまざまな挑戦をしているのに対し、8はデザイン的には7と基本一緒で、違いで言えばA11チップとカメラの性能が少し上がったこと、そして16、32、128GBが無くなったということがあるため、そこまで求めるものではないのかと思います。

 

「うわー買えないやつがなんか言ってるw」と思っても構いません。ただ、7のような艶消しブラックですらない8を、正直欲しいかと言われれば、「そこまでは…」が現状です。今まではイノベーション的なものを感じ、6を除くiPhone全ては素晴らしいものだと思っていましたが、8にその感動はありません。せめてあるならばワイヤレス充電位です。

 

Xは正直気になります。少し8より値段が高くなりますが、今までのiPhoneシリーズの常識を無視していますので、これがどのような変化を感じられるか、どのようなパフォーマンスを発揮するのか、非常に楽しみです。

 

今回はこの辺で終わりにします。

念願の「画面録画」

iPhoneにiOS11を入れました。そして「画面録画」が選べるようになり、とても満足しています。

 

今までiPhone単体での撮影、つまりは本体の画面録画というのはできませんでした。脱獄をするか、もしくは必死になってその種のアプリを探すか、というものでした。因みにXperiaなどのAndroid機種は、一部のスマートフォンを除き「AZレコーダー」という無料のアプリを使うことで、画面録画が可能でした。しかしiOSは非対応でした。

 

今日である9月20日から11がリリースされ、Apple公式の機能が追加されたのです。

 

画質で言えばおそらく、720pの60fpsに該当するかと思います。その証拠に録画したものをカメラロールから観た際、ズームにすると画質が粗くなります。粗くなるのはズームにすれば当然と思われがちですが、1080pや4Kの場合だとズームしても基本キレイなままキープができるので、やはり720pだと思われます。そしてこの画面録画機能は、細かい画質等の設定ができないみたいです。

 

この画面録画は、例えばYouTubeやAbemaTV、DAZNなどを録画しようとすると、自動的にストップされます。また一部のアプリも撮影不可になります。これは著作権保護のためと言って過言ではないでしょう。ただし個人での撮影は大丈夫です。例えばゲームを撮影し、声も入れたものをYouTubeにアップロードするのは問題ないです。

 

 新しい機能が盛りだくさんのiOS11。その中で今回は僕が一番気になっていた「画面録画」について書きました。これなら、僕が長年にわたりプレイしているリアルレーシング3のゲームプレイ動画も、友人への共有やYouTubeへの投稿など、あらゆる場面で使えそうです。

ついに決別!マクラーレン、ルノーを選ぶ。ホンダはトロロッソへ。

マクラーレンは2018シーズンからルノーエンジンを獲得し「マクラーレンルノー」として参戦することが決まりました。かつてはライバルであり同じフランスの自動車メーカープジョーがエンジンサプライヤーとして活躍していましたが、今度はルノーになります。

 

アロンソは遅いマクラーレンに苦しめられてきました。2015年の日本グランプリでは「GP2エンジンだ!」と怒りを露わにし、2016シーズンも2017シーズンも成績は振るわず仕舞いでした。たまにPUとの相性が良く入賞することもありましたが、やはり伝統のあるマクラーレンは「優勝が絶対」であり、パワーが下位チームよりも低いホンダエンジンとの縁を切るのは最も重要かつ当然の選択だと僕は思いました。

 

ではホンダはどのチームに行くのか?、ということですが、なんと来シーズンからトロロッソへ供給します。

 

かねてより噂され、そしてプロジェクトが一時白紙になったのですが、やはりホンダは中堅チームに行くことになりました。マクラーレンへの賭けはあまりにリスクが高く、その上チャンスにも恵まれなかったということでしょう。

 

2018シーズンでは全チームHALO(ハロ、またはハロー)という頭部保護のバーが追加されます。そしてマクラーレンルノーに、トロロッソはホンダに移ることに決定となり開幕戦から最終戦まで戦うことになります。これからどのような展開になるのか、まだ日本グランプリが始まっていませんが非常に楽しみです。

ある友人から聞いた、某悪徳法律事務所の話

※この内容は殆どノンフィクションです。

 

僕の高校時代の友人である沢村くん(仮名)は現在、建築に携わる仕事をしています。そんな彼は某大手携帯会社のA社の携帯利用料金の未払いが発覚し、すぐさま東京を拠点としている某法律事務所から催促の電話やハガキが届きました。

 

A社には3万円ほど未払いしていていましたが、それには理由がありました。実は沢村くんの母が自動車事故に遭い、全治1年の大怪我をしたからです。相手側に責任があるとして保険が適用されましたが、それでも怪我をした母に様々な食べ物やお花を買ってあげました。更には母の代わりに家賃の支払いなどもやった為にA社への支払いが滞ってしまったのです。

 

しばらくして法律事務所から「沢村様。ご連絡をお待ちしています」という電話がかかってきました。それを聞いた沢村くんは電話しました。

 

沢村くん「もしもし」

法律事務所「沢村様でいらっしゃいますか?わたくし○○法律事務所の久保田(仮名)と申します」

沢村くん「あの、お支払がまだだったようで…」

法律事務所「でしたら是非お支払下さい。金額は16万です」

 

沢村くんは慌てました。3万の未払いからまだそこまで経っていないのに16万の請求をされたのです。

 

とても支払える金額ではないと思った沢村くんは、「お金を全額お支払できませんが、少しずつお支払します」と言いました。しかしその法律事務所は冷たくこう言いました。

 

「それはあなた様の都合でしょう。分割には対応しかねるので16万円でお願いします」

 

頭にきた沢村くんは電話の途中で切りました。

 

それからしばらくしてその法律事務所から何通ものハガキが送られ、しまいには「法的手続きも取る」と来たのです。

 

そしてそれから1年後、沢村くんからそのような法的手段が取られずに済んだのですが、結果的にその法律事務所にトータル27万円を全額支払いました。これでことなきを得たかに思った矢先、またその法律事務所から次のことを沢村くんに対し言いました。

 

「お支払ありがとうございます。もうそのような行為をしないで下さい。今度したらあなた様の大切な物も全て奪いますよ」

 

それから電話がなかったそうですが、沢村くんは全身が震えたそうです。

 

A社への支払いが完了したのですが、結果的に携帯の再使用が不可になり、現在はS社に移りました。それにしてもその法律事務所は、僕が聞いた時でもびびりました。余計な一言を言ってくる一方で、金を巻き上げる横暴さが恐怖に感じました。