PostedBy"KuroD"

Twitterのような感じで、適当に呟くブログとなります。

新しいゴジラに期待大!

来たる11月17日に「ゴジラ 怪獣惑星」が公開されます。記念すべき30作目はまさかのアニメ版です。これは非常に楽しみです。

 

去年はシン・ゴジラを映画館で6回、ブルーレイ版を購入して4回、iTunesで購入してiPhoneでの視聴で7回と、計21回も観てしまいました。そして今回のゴジラは初めての長編アニメとだけあって、従来のゴジラ映画になかった新しい試みに興味があるわけです。

 

声優陣も豪華です。宮野真守さん、花澤香菜さん、杉田智和さん、中井和哉さん、梶裕貴さんらが出演しています。一部では「アニメ化はやめろよ」「結局これって声優に金かけただけでしょ?」と批判の声も上がっていますが、大好評だった29作目の「シン」ですら、「庵野は早くエヴァの新作作れよ」「なんでCGにすんの?着ぐるみにしてくれよ」「形態ってなんだよ。色々変わりすぎだろ」などと批判されていた過去があったわけで、「シン」同様これも名作になることは間違いないでしょう。

 

今までのゴジラといえば「突如として現れた巨大生物であり、人類にとっての脅威でもある」というのが大まかなストーリー展開になっていて、どう立ち向かうのかが重要になっていました。またVSシリーズになると、人類の敵であったゴジラが味方側になり、モスラなどと対決していく姿が描かれていました。そして「シン」では、初期で見られた「人類の脅威」の他に「東日本大震災があったという事を風化させてはいけない」という隠れたメッセージ性もありました。所々に「核」という言葉が出てきたのも納得できます。

 

最新作のゴジラでは「20世紀末に現れた巨大生物から人類は生き延びるために地球を離れたが、住む惑星がなく地球に戻ったところ、そこは人類が栄えた文明はなく、ゴジラが支配する地球になっていた」というストーリーになっています。街を破壊し沢山の犠牲者も出したゴジラをあの手この手で倒していくという感じでしょうか。そして、完全に最新作では、ゴジラは「敵」になります。ちなみに「シン」や「ファイナルウォーズ」などでは「敵」でもあり「神」でもあるという人の見方によってゴジラの印象が変わっていく感じでした。

 

いよいよ公開される「ゴジラ 怪獣惑星」。この作品から新しいゴジラ映画として歴史に名を刻めるよう僕は期待しています。

課金しちゃったぜ。投稿者:ZEUS (8月16日(水) 03時04分20秒)

昨日の8月15日にいつものリアルレーシング3でRX-7(FD型)でレース展開したぜ。
今日は明日が休みなんでストアに向かい2,400円分のゴールドをキャリア決済してやりはじめたんや。
足りなくなったゴールドを毎日ログインで18ゴールドずつ手に入るというシステムを選択した。
しばらくしたら、18ゴールドが手に入り、RX-7のチューニング費用に充てている。
そしたら残りのゴールドを使い果たしてしまい必然と金をドバーっと使ってしまった。
それと同時にわしはRX-7のチューニング費用として仕方ないと思い腹を括ったんや。もうスマホの料金、二万越えや、
投資したくないわしの心をもてあそび、速さだけに追求しようと思ったり、
ゲーム内で時速260キロ以上走りまくった。ああ~~たまらねえぜ。
しばらくやりまくってから又課金をしあうともう気が狂う程金使いが荒くなるが、だがそれが気持ちええんじゃ。
基本無課金のわしにキャリア決済を突うずるっ込んでやると
車がどんどん速くなって気持ちが良い。
まるで何かに取り憑かれたかのように金をつかいまくって居る。
後の祭り状態ではあったが、思い切りゲーム内で激走したんや。
それからは、もうめちゃくちゃになりそうなスマホ料金のことは無視してRX-7の為だけに投資して、
その結果トータルで2,400円だけじゃなくプラスで600円も出した。もう一度やりたいぜ。
やはり無課金でやるより課金してやったほうが気分的に最高やで。こんな、泥沼で語彙力ないわしと一緒にレースをやらないか。
ああ~~早く課金厨になろうぜ。
岡山の県北であえる奴なら最高や。わしの愛車はマツダRX-7でFD型、や
課金まみれでやりたいやつ、至急、LINEくれや。
金をとにかく使いまくって、借金だらけでやろうや。

 

 

(ネタ的につまんねーなこれ。)

3章 しのぎのカラオケアルバイトとようやくの「転機」

介護職を辞めて次はカラオケのアルバイトを始めた僕は、「ゼロからのスタート」を決意した。ところが作業の多さと店長にあたる「支配人」の語彙力の低さと理解力の低さに呆れた。

 

人間関係としては決して良好とは言えず、皆ヘビースモーカーで頭の悪い輩がたまっていた。

 

そして僕は耐えきれなくなり、またしてもアルバイトだが辞めることを決意した。

 

それからしばらくして、ようやく「天職」と呼べる仕事が決まった。それは単純作業の仕事で、「弁当の容器を結束バンドで留める」というものだ。面接をした僕はすぐさま合格を貰い、今その場所で働いている。恵まれた環境下で働ける喜びに浸っている。

 

これから先どうなるのかはわからない。だが、やっと、自分らしさが出やすいいい場所に就職出来たんだと実感している。

 

さて久々に書きましたこのくだらねー不定期シリーズ。誰得の第3弾です。ではこのへんで。

未だにYouTuberが慣れない。

まず最初に断っておきますが嫉妬ではありません。お金を稼ぐ人はそれぞれの仕事があってできているわけですから、「YouTuberだけラクな金稼ぎしやがって!」とは思いませんのでご了承ください。

 

現在YouTuberは盛り上がっています。小学生の「なりたい職業」ランキングではYouTuberがトップ10入りを果たし、各雑誌やテレビでも取り上げられています。

 

僕としてはこのYouTuberというのが未だに慣れません。というかワンパターンな展開に飽きます。

 

昔のYouTubeを振り返ってみると、まだYouTuberが存在しておらず、「暇つぶしに動画投稿してみた」というようなシンプルなものでした。例えば今なら「自転車でドリフトしたらいったい何mまで行けるのか!?」といったようなタイトルを付け、YouTuberが全くもって初めての自転車ドリフトを敢行するという感じです。しかし昔はそんなものではなく、「自転車でドリフトしてみた。」と簡素なタイトルを付け、少しだけ動画を編集して投稿するだけでした。ですから今と昔では再生回数に差がありますが、少なかれ昔はそんなざっくばらんとした感じでした。それが面白かったです。

 

YouTubeとは本来趣味の一環として投稿するスタイルでしたが、最近は広告収入というのが追加され、こぞってお金を稼ぐためにやるようになりました。僕があまりYouTuberを好かない理由に「タイアップ」があります。

 

タイアップ商品をYouTuberが紹介するという流れですが、そのやり方が商品を無理矢理にでもべた褒めするというものです。本当はいらないはずなのに、「仕方なく」「金になるなら」という理由でやっている方が多いです。この文章からして「こいつ嫉妬してんじゃねーの?」とお思いでしょうが真相は違います。建前だけ並べただけで、実際に買って試してみるというのではないのです。この点はやはり昔の方に軍配が上がります。つまり「面白かった」に入ります。

 

コラボして動画投稿、商品とタイアップして動画投稿、様々なテロップを付けて動画投稿…。今のYouTubeがつまらないと思う要因の一つです。

 

ここまで散々今時のYouTuberを書きましたが、実は嫌っているのは日本のYouTuberだけで、海外のYouTuberは好きです。

 

矛盾でしょうが海外の方々が投稿するものには一切のムダがないのです。それはYouTubeというコンテンツができて間もない頃のようなコンパクトさなのです。

 

「今回はトヨタのGT86について紹介するよ!」と言ってトヨタ86(欧州ではGT86)の各カット割りが入り、YouTuberが86の車内全体をセルフィー越しに紹介し、「GT86は決して速くはないけど、運転がしやすくてワインディングを走るにはうってつけだね」と言ったりする。その動画には余計なテロップがなく観やすいのです。

 

海外のYouTuberがいかに上手にできているか、それを十分に伝わってきます。

 

YouTuberは本当にいいとは思えません。また雑ですいません。ここでぶろぐをやめます。

 

 

 

 

 

めちゃサイコーだった「トム版」スパイディ

今日である8月11日に公開となった「スパイダーマン ホームカミング」。2002年の実写版から数えて6作目、21歳の俳優トムホランド(以下、トム)が主人公スパイダーマンことピーターパーカーを演じています。

 

※注意。ここからは多少のネタバレが含みます。また語彙力(ごいりょく)の足りなさはこのブログを書いている筆者に原因がありますが、予めご了承ください。

 

今回の映画では、若手イケメン俳優のトムがスパイディ役を演じています。かつてはトビーマグワイアやアンドリューガーフィールドが演じていました。トムは1996年生まれの21歳で、一緒にするのはおこがましいですが、筆者である僕と同い年です。

 

今作ではアベンジャーズとの関わりやロバートダウニーJr.が演じるアイアンマン(トニースターク)との関わりが大きく関連していくストーリーになっています。今までのトビー、アンドリュー版とは違い、ヒーローたちが活躍するアベンジャーズに入りたいと願う少年という設定になっています。

 

原作のコミック及びアニメ版でよく見かけた「目が動く」というギミックが、このホームカミングではうまく再現されています。

 

目が動くというのはつまりスパイディのマスクが動くことを示します。ピーターが睨めばスパイディのマスクも睨む。目を見開きすれば同時に黒い縁が開いたりと、今までにない新たな試みがあります。最初は予告編の時は「気持ち悪い」と思っていた僕ですが、スクリーンで観るスパイディは、目の動きが加わったことにより、より自然な感じに見えます。「原作のようなコミカルな雰囲気がそのまま映画になった」という感じです。

 

前の文で「原作のようなコミカルな雰囲気がそのまま映画になった」と書きましたが、実はこれは目の動きだけではないのです。

 

トビーが演じたスパイディはかなり真面目で正義感に溢れていました。アンドリュー版は動きがとにかく俊敏であり、そして言葉の表現は軽く、いわゆる「チャラ男」な感じでした。ところがトムはそうではなく、原作らしいポップな感じになりました。軽妙なセリフと少年らしさ、律儀さというより子供らしく活発な感じがとても素晴らしかったです。表情に合わせてマスクの目が動き、そして言葉はふわっとした印象がある。これこそが本来のスパイディなのです。

 

声優に関しては本当に最高でした。トニースタークの吹き替えを担当している藤原啓治さんが復帰したのです。これには本当に嬉しかったです。藤原さんが病気を患っていた時、「代任は誰が?」と思っていましたが、やはり藤原さんでなければ意味がありません。スクリーン越しに藤原さんの声を聞けて僕は満足でした。

 

スパイディの吹き替えは声優の榎木淳弥さんです。榎木さんの声が非常にマッチしていて最高でした。過去には猪野学さん、前野智昭さんが吹き替えを担当していましたが、トム演じるピーターのあどけなさが十二分に発揮されていました。字幕版よりも吹き替え版をオススメします。

 

さて色々と書いてきたスパイディの映画ですが、今作のこの映画を星で表現するならば、それはもう文句なしの☆5つです。これは一応Amazonのレビュー風にやりました。星が5つというのは満点を指します。とにかく今作は楽しめました。次回作もあることは間違いないので、まだ気が早いですが次回作も楽しみにしています。

 

 

言い訳させてください。個人的なことです。

生まれてこのかた、好きになった人はたくさん居ますが、その人と結ばれたことは一回たりともありませんでした。

 

僕というのは昔から女性に嫌われやすいのか、何もしていなくても避けられます。目つきが悪いからなのでしょうか。勝手なイメージですが、「襲われる」「ストーキングされる」「盗撮される」など思われているのでしょう。そんな事などする気は無いし、したら捕まる。なのに彼女達は去っていくのです。

 

僕は正直言って、自分が全部悪いとは思いません。下らない事ばかり書いてきたこのブログだからこそ思いの丈を伝えます。本当に僕は悪くないんです。

 

人を見た目だけで判断して、本当は悪い事などしないのに「するに決まってる!」という前提でそうされても困るのです。きっとそれは被害妄想なのかもしれない。しかしそうされて嬉しくもないし「は?」って思います。

 

こう書くのも何ですが、僕は結構いいやつです。もし付き合うことになれば、浮気はしませんし、話のネタが尽きない様、常に話題のあるニュースを伝える自信があります。それは見た目の悪さをカバーしている僕の得意技なんです。だからこそ本当に、これが二度目ですが、「人を見た目だけで判断するな」と強くそれを思います。

 

以上が僕の感想です。

 

 

10年前のフジテレビを思い出に

10年前のフジテレビは、今とは全然違って面白い番組が多かったと思います。特に水曜日というのは以下の通りに観ていました。

 

ヘキサゴンⅡ→はねトびトリビア→ワンナイ→ココミラ

 

水曜夜7時にヘキサゴンが始まり、そこからほぼノンストップで10時54分まで観ていました。あの当時はまだ韓国を推したりしなかった訳ですし、各番組の出演陣の方々にそれぞれの個性があり、また番組そのものが楽しかった記憶があります。

 

最近ではスマートフォンというコンテンツが主流になり、テレビで何かを観るという機会が減ったというのは事実ですが、当時のフジテレビは本当に神だったと思います。

 

水曜枠の他にも今は懐かしい「月9」や「スマスマ」もよく観ていました。月9とスマスマの間に放送している「くいしん坊!万才」ですら余す事なく観ていました。そのほかにもミニニュース番組であった「レインボー発」も観ていました。日曜深夜には必ずF1中継もやっていたので、それも楽しかったです。

 

今思い返せば、全部が懐かしく、そして未だにそれらの番組を越えるものがありません。これは正直悲しいです。現在も放送されているめちゃイケですら、「ああ昔の方が面白かったよな」と思い返すほどです。

 

観る側は製作者の方々の意図や苦労は知ることはありません。その道のプロでない限り分かるはずがないのです。しかし、「昨日の番組○○(俳優さん)が出てたよな!」とか「今日の夜のトリビアめっちゃ楽しみだわ〜」などの高揚感は、残念ながら今にはありません。せいぜい言ったり書くとするならば、「昔の方が良かったよな」「なんでバイキングなんかやってんだ。いいとも続けりゃいいのに」「みなさんのおかげでしたはもうアレか?食わず嫌いやらないのか?」「おいおい古舘伊知郎報ステ辞めたんだからさ、今こそフジはF1中継を復活するべきだろ!」など、肯定的な捉え方はできなくなりました。ちびまる子ちゃんサザエさんですら最近はあまり観ません。それだけ、勢力が落ちてしまったのだろうと思っています。

 

かつては視聴率が高く見応えのあるドラマやバラエティなどを展開していたフジですが、もう落ちぶれています。本当に残念です。その一方でBSやCSのフジテレビの方では、通販番組は多いものの、まったりと観れるものが多いので、もう地上波に希望を持ってはいけないのかもしれません。